ピースラリージャパンについて

「ピースラリー(Peace Rally)」は、歴史や宗教を超え友好を深め、経済も含めてユーラシア大陸を一つに繋ごうという趣旨で、2017年にモナコ公国で始まったプロジェクトです。モナコ公国在住のJuan Henri Tamenne氏によって創設されました。

歴史を持つヒストリックカーに乗って国境を超えながら多種多様な人々と交流を持つことで、互いを理解し尊重する平和の輪を拡げています。

昨年、2018年5月に開催されたピース&カルチャーラリーでは、モナコ公国からロシア連邦サンクトペテルブルクまでの往復約7000kmを走破し、ウラジーミル・プーチンロシア連邦大統領、安倍晋三内閣総理大臣が参加された「経済フォーラム」にも参加しました。私たちが走行したヒストリックカーは会場に展示され、経済フォーラムの成功に貢献しました。

ピース&カルチャーラリー創設者であるJuan Henri Tamenne氏(右)と安倍首相が言葉を交わす様子。

日本では馴染みの薄いヒストリックカーでのラリーという平和祈願方法ですが、ヨーロッパを始めとする諸外国においては、生産年の古い歴史あるクラシックカーを用い、道中の度重なる故障を修復しながら次々と国境を超えて走り続けること自体が敬意を持って迎えられる行為とされています

2017年5月に実施された第1回ピース&カルチャーラリーでは、ユーゴスラヴィアのセルジュ皇太子や、ヴェネツィア公でピエモンテ公のエマヌエーレ・サヴォイア皇太子も運転席に座られました。

ヒストリックカー・ラリー参加及び開催実績

2012年 ニース・クラシックカーラリー(参加)
2013年 ニース・ウィンターラリー(参加)
2014年 モナコ・キャストレラリー(開催)
2015年 プロヴァンス・ワイナリーラリー(開催)
2016年 ブルゴーニュ・ワイナリーラリー(開催)
2016年 モナコ・ベオグラードピースラリー(開催)
2017年 モナコ・ロシアピースラリー(開催)
2017年 モナコ・トスカーナラリー(開催)
2017年 モナコ・ベオグラードピースラリー(開催)
2018年 モナコ・ロシアピースラリー(開催)
2018年 広島ー長崎ピースラリー(開催)
2019年 東京ー福島ー山形ピースラリー(開催)

Peace Rally Japanチームについて

Peace Rally Japan(ピースラリー・ジャパン)は、ピースラリーの理念に賛同する日本メンバーで構成されており、ピースラリーとパートナーシップを結んでいる「EXPLORERS CLUB」が母体となっています。

ピースラリージャパンチームは、「次世代のための地球環境を創る」をテーマに、平和活動や環境汚染の一つであるプラスチックの削減などエコロジー活動に力をいれています。これからもピースラリーを通じて企業や行政との協力関係を築き、活動を拡げていきたいと考えています。

2018年8月には第1回日本走行会を開催、広島ー長崎を結ぶ約600kmの道のりをヒストリックカー6台で走破、現在の日本が平和である意味を噛み締め、世界に友情と平和の尊さを発信しました。

2019年2月には、「エコロジーをテーマに東京→福島→山形→東京を走る総距離1100kmのラリーを開催。このテーマにご賛同頂いた、旧ユーゴスラビアのセルジュ・カラジョルジェヴィチ皇太子殿下や、特定非営利活動法人 アースエイド ソサエティ代表のデヴィ・スカルノ夫人も同行されました。ラリー中は、南相馬市長、浪江町長、山形市長、高畠町長、米沢市長に表敬訪問を行い、フジテレビや山形テレビ、新聞各社に我々の活動が取り上げられました。

今回2019年8月のラリーでは、東京-広島-長崎-大阪の4都市を結ぶ、約2,600kmのラリーです。広島までの間、各地で参加者が合流しながら、広島-長崎-大阪を全員で走破します。

平和というと様々な観点がありますが、大切なのは私たち一人一人が何をすべきかを考え、小さな事でも勇気を持って一歩を踏み出すことが重要だということをメッセージとして伝えます。また、日本を離れると被爆した現状を知らない人も多いと聞きます。このような歴史の上に今の日本があることをヨーロッパへも発信していきます。

2019年8月 東京→広島→長崎 ラリー日程はこちら
参加ヒストリックカーのリストはこちら
創設者・juan Henri Tamenne氏からのメッセージ

協賛企業

主催 EXPLORERS CLUBについて

「EXPLORERS CLUB(http://www.explorersclub.jp/)」はピース&カルチャーラリーとパートナーシップの関係にあり、2011年に設立され、2019年2月現在で490名を超えるメンバーが在籍しております。

クラブのテーマ「一人では見れない景色を一緒にみよう」には、私たち一人一人が自分の限界を越え、見たことのない世界を知るために、仲間と冒険に挑み、広い視野と豊かな心を培う趣旨が込められています。

ヒストリックカーでのラリーだけでなく、風と自分の力だけが頼りのディンギーヨットによる世界7大海峡横断、世界最高峰のモナコ皇室主催の薔薇の舞踏会への出席など、日々を律することで想像を超える冒険を実現し続けているクラブです。

ロシア – モナコスポンサー実績

ゼプター・HUBLOT・サンクトペテルブルク政府・ショパール・DECORAT 他

 

ピース&カルチャーラリージャパンチームからのメッセージ

本ホームページをご訪問くださりありがとうございます。

社会に対して平和を訴える活動はたくさんありますが、ピースラリージャパンチームでは、その主旨を「問題を楽しみながら解決する人格を身につけること」と、「仲間と共に協力しあって人生を過ごすこと」をもって伝えていきたいと考えています。

またその一方で、世界の平和という大きな問題に対しても、自ら考え「一歩」を踏み出すアクションが次に繋がる可能性があることをメッセージとして持ち、「一歩」を踏み出す勇気が人生と世界を変えていくことを伝えてまいります。

日本国内でも様々なピース&カルチャーラリーを企画運営することで、ヒストリックカーを通じて1人でも多くの方が問題を楽しみながら解決する人格を身に着け、平和祈願をライフワークとして、仲間と共に協力しあって人生を過ごすきっかけを手に入れてほしいと願っています。

ご支援・ご協力の程、よろしくお願いいたします。

ピースラリージャパン メンバー一同

主催・問い合わせ先

名  称:Peace Rally Japan
主  催:EXPLORERS CLUB Peace Rally Japan
日  程:2019年 8月3日(土)~8月11日(水)
協  賛:株式会社ハーバー研究所
後  援:「チームもったいない」東京環境局、「Plastic Smart」環境省、倉敷市、公益財団法人大阪観光局、サミット中黒インターナショナル、GLIONグループ、中国新聞社

問合せ先:ピース&カルチャーラリー・ジャパン

責任者 : 河村 博光  090-6052-5237
E-mail peace.rally.japan@gmail.com
本部URL:http://www.webelongtogether.ru/

Copyright 2019 ピースラリージャパン公式サイト(PEACE RALLY JAPAN)